テスト – 廃棄物管理業務について

label

廃棄物管理会社は、計画の立案から実行、実証及び診断を行い、改善策の提示をして、継続的改善を図れるように遂行していく役割を担っています。

廃棄物管理業の事業領域

ワンストップ循環モデル

計画の立案
  • 現行契約書の確認
  • 目標コストの精査
計画の実行
  • 各収集業者への案内送付
  • 排出量及び業者の信用調査
改善の実施
  • 廃棄物の分別
  • リサイクルの提案
  • コスト管理
実証及び診断
  • コストの妥当性
  • コンプライアンスリスクの診断

契約の種類

業務内容については、大きく分けて、新規契約と通常業務契約の2つです。

1、新規契約の流れ

営業・紹介による新規依頼

調査と現地確認

ソリューション提案

正式契約締結

通常業務

2、通常業務契約の業務内容
拠点の増減に伴う業務
臨時発生業務
毎年、特定の時期に発生する業務
行政対応業務
危機管理業務
契約、仕様変更に伴う業務
その他業務

リサイクルフローの構築

排出物がどこで発生し、どのような品目で、どれくらいの量なのか、それを保管できるかなどを把握し、運び方やどこに運搬するのかというリサイクルフローを構築し、排出事業者に提案するのが管理会社としての役割です。

クリックすると拡大して表示されます。